iPodがリンゴマークにスタックされて起動しない問題の対処方法

EelPhone文章の筆者 原田薫, 2020年12月22日

概要

iPod touchがリンゴマークにスタックされてフリーズされる場合、iPod touch がiTunesにスキャンアウトされる場合はiTunesを利用して復元することができます。データ紛失なしで5th世代のiPod touchがリンゴマークにスタックされる問題を修復したい場合、EelPhone OSFixitをご利用ください。


iPod touchをアップデートしたり、脱獄したり、iPodを再起動したりした後、iPod touchがリンゴマークにスタックされて消えない場合、iPodがリンゴマークにスタックされて起動できなくなります。まずは、iPod電源を充電し、iPod電源を閉じて再び起動することを試してください。何度試してもダメである場合、これはiOSシステム問題です。以下の文章から、iPodがアップルロゴにスタックされる問題を修復する方法を探しましょう。

方法1:EelPhone OSFixit を利用して、iPodがリンゴマークのまま消えない問題を修復します


EelPhone OSFixitの標準モードを利用して、データ紛失なしでiPodがリンゴマークにスタックされる問題を修復することができます。これはEelPhone OSFixitを推薦する原因です。


ステップ1:パソコンにEelPhone OSFixitをダウンロードし、ツールのホームページに、「アンドバンドモード」ではなくて、「標準モード」を利用して、データ紛失なしでiPodがアップルロゴにスタックされて消えない問題を修復します。
iPod 起動 しない リンゴ マーク

ステップ2:iPodをパソコンにプラグインします。ツールに接続した後、iPodのiOSバージョンをチェックします。その後、「開始」をクリックして続きます。
iPod 起動 しない リンゴ マーク

ステップ3:ツールはiOSバージョンに基づいて正確的なiPSWデータパッケージをダウンロードします。iPodの接続を切断しないでください。
iPod 起動 しない リンゴ マーク

ステップ4:iPSWデータパッケージの解凍は自動的に完成します。「復元」をクリックして、iPodがリンゴマークにスタックされて進まない問題を修復します。
iPod 起動 しない リンゴ マーク

プロセスは少し時間が掛かります。僅かなクリックでプロセス完成することができます。プロセス成功する為に、接続を切断しないことは重要です。「標準モード」を利用してiPodがアップルマークにスタックされて消えない問題を解決できない場合、ツールのホームページに戻り、「アンドバンドモード」を利用してiPodシステム問題を修復します。しかし、全てのデータは削除されます。

方法2:iTunes を利用して復元し、iPodがアップルマークのままに起動しない問題を修復します


これはiPodがリンゴマークから動かない問題を修復する方法であり、iPod全てのデータは削除されますが、その成功率は低いです。iPodのデータが重要ではない場合、この方法を試してください。

iPodがアップルマークにスタックされているままに、ホームボタンと電源ボタンを同時にプレスして保持し、iPodに「iTunesに接続」ロゴが出現したら、二つのボタンをリリースします。
パソコンにリカバリーモードのiPodを接続します。パソコンでITunes/ Finderを立ち上げ、ウインドウに「復元」ボタンをクリックして、iPodがアップルマークにフリーズされる問題を修復します。復元プロセスは少し時間が掛かりますので、接続を切断せずに少々お待ちください。
iPod 起動 しない リンゴ マーク

これは、iPodがアップルマークにスタックされて動かない問題又はiPodがアップルマークにスタックされて消えない問題を修復する二つの方法です。適当な方法を選択し、iPodシステム問題を修復しましょう。